アイスクリームW杯優勝シェフ監修!爽やか果実のアイス【サロンドロワイヤル】

 

 

 

少し前のことになりますが、友達から美味しいアイスクリームを食べられるところがあると紹介されて、一緒に行ってきました!

場所はモントリオールにあるオリンピックパークから近く。こんなところに、トップ10に入ると言われるほどのアイスクリームのお店がが本当にあるのか?!?!

 

そう思いつつ歩いていくと、本当にありました!!

その名も、"HOCHE GLACE"。

 

 

 

メニューを見てみると、通常のアイスクリームに加え、豆乳のアイスクリーム、シャーベットなどがありました。

ここの良いところが、ストロベリーやマンゴーなどのフルーツを加えて、その場で注文したアイスクリームを作ってくれるのです!

私は豆乳味のマンゴーを注文しました☆

 

ビーガン 豆乳アイス

 

トッピングにはカラフルなチョコレートを乗せてもらいました。

出来立てほやほやのアイスクリーム!どうやってあのマンゴーが一瞬にしてアイスクリームになるんだろう??

そんな素朴な疑問を抱きつつ、久しぶりにとっても美味しいアイスクリームを食べることが出来ました。

 

モントリオール アイスクリーム

 

店内にもテーブルはあるのですが、この日はお天気も良かったので私達は外にあるイスに座ってのんびりすることにしました。時間帯も日中だったためか、小さいお店で住宅や倉庫に囲まれている中にあるにもかかわらず、家族連れや友達同士、カップルなどが途切れなくお店に入っていっていました。

 

外から見ると、なかなか気付きにくい場所ですよね?

 

 

これからちょっと寒くなってきますが、それでもちょっとお天気が良くて美味しいデザートが食べたいなと思ったらここはとってもおススメの場所です☆

 

 

以下参照までに↓↓

 

 

Hoche Glacé

https://m.facebook.com/hocheglace/

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:海外生活ビジネス英語モントリオール大好き!自分の時間・一人の時間海外永住権ビジネス経営MB海外留学

 

 

今なら、年会費10%OFF!89ドル(USD)で最高なサービスを〜【PriorityPass】

 

 

 

先日、予想外に念願叶って入学許可の出たビジネススクール。久しぶりのお休みだったにも関わらず、今日は一日受講科目の選択に時間を費やしていました。

 

私のプログラムはフルタイムのサーティフィケートなので、2年以内に15クレジット(5科目)をパスすれば卒業可能。

とは言っても、一応1タームのうちに最低9クレジット(3科目)は受講しないといけないので、2年間あるからのんびりと…なんてことは言っていられません。

 

今回は2タームに渡って、最初に3科目、次に2科目を受講することにしました。

 

それぞれの科目ごとに午前のクラスや午後のクラスなどといくつかあるので、個人個人の仕事の都合などによってフレキシブルにスケジュールを組むことが出来ます。

私も現在の仕事を出来る限り続ける方向で、最初に受講する3科目の時間帯を決めました。

 

実際に学校が始まったら余裕なんてないとは思うのですが、万が一のために・・・今通っているジムに行く時間や仕事を最大限出来る環境を残しておきたい、という欲張りな希望があったので、なかなか思うように良いスケジュール作りができませんでした。(苦笑)

 

そして考えて考え抜いた結果、無理せず今回は勉強できる環境づくりを優先しよう!そう納得してようやくクラスを登録しました。

 

 

日本の大学の時はどうだったのかな?とかなり昔のことなので思い出せませんが、今はほぼ全てオンラインで出来るんですね!しばらく学校を離れていた間に、便利になってるなぁと一人で感心。。。(笑)

 

大学側から届いた受講科目の選択に関するドキュメントが、約35ページ・・・。丁寧なのは良いんだけど、先が思いやられるー!!!(汗) 

この手順を読むだけでも結構根気が必要でした。

 

 

その後無事に科目も選択でき、入学許可が出た時に送られてきたメールを読み返してみると、”準備コース”という記載がありました。

これは今回ビジネススクールで勉強するにあたって、その分野での経験が浅い人やブラッシュアップをしておきたい人用に用意されたオンラインコースで、アメリカにあるビジネススクールのオンラインプログラムを利用しています。

 

指定されたURLを使ってログインしてみると、ちゃんと今回私が行く予定の学校名の”準備コース”が2科目、用意されてありました。Mathematics for Management と、もう一つは Financial Accounting。これまた大変そう・・・・私が本当についていけるのか!?!?と本気で不安になってきました・・・。

 

一つは20時間コース、もう一つは15時間とありましたが、これらのクラスはもちろんプログラムには加算されません。

あくまでも、自分のために。。。。。 

 

本格スタートまで約3ヶ月。一歩進まないことには始まらないので、まずはここからスタートです!

 

 

今後の進捗状況もお話ししていきますね!

どうやることやら・・・

 

 

 

JUGEMテーマ:海外生活モントリオール大好き!カナダ自分の時間・一人の時間フィットネスズンバスポーツクラブ通いがんばり帳日常小さくて大切な幸せ。

 

 

無料体験レッスン多数掲載!習い事探すならEPARKスクール

 

 

 

ふとした瞬間に、あっ幸せだな~って顔が微笑んでしまうことってありますよね!

今日はそんな経験を、最近通っているジムで見つけました。

 

今日は友人を誘ってズンバのクラスへ参加!年齢性別問わず、この集団の共通点はなんなんだろう???

そう思えるくらい色々な人たちと一緒に踊ってエクササイズをしていた時のこと。

 

ふと気付くと、最前列中央のインストラクターの前で踊っている、一人のおばあちゃん。他にも何人か高齢の方はいらっしゃったのですが、このおばあちゃんは恐らく80歳は越えているのではないかな。ちょっと足元が不安になるような感じで立っていました。

 

それでも、音楽が始まったら楽しそうに足踏みを始めて、一生懸命インストラクターの振り付けで踊っているじゃないですか!

時間的にも日中だったので高齢の方も多かったのですが、きっと常連なのでしょう。インストラクターの方も手を取って一緒にズンバの踊りをヘルプしていました☆

 

その光景を見ていると、なんだか身体的なエクササイズ以上に精神的に何か大切なものを教えてもらった様な気がします。

 

インストラクターがおばあちゃんと一緒に踊っている間、他の人たちはそのまま継続してリズムに乗り続ける。

今日は恐らく40人前後居たんじゃないかと思いますが、スタジオが一つになったような、一人ひとりが本当に心から笑顔で微笑みあうようなそんな瞬間が何度もありました。

 

 

今まで何度も個性豊かなインストラクターのズンバに参加してきていますが、今回のインストラクターはエネルギッシュで、パワフルで、でも生徒一人ひとりにケアが行き届いているとっても素敵な方でした☆

 

 

何歳になっても自分のやりたいことに挑戦する。思うように出来なくたって、参加することに意義がある。

 

 

おばあちゃん、スゴイ。一緒に行った友人も、尊敬のまなざしで眺めていましたよ。

何か忘れかけていた大切なもの、それを改めて学んだ一日でした☆

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:海外生活モントリオール大好き!海外永住権カナダIELTSビジネスビジネス英語

 

 

Googleアナリティクスの人気オンライン講座

 

 

久しぶりの投稿です!!

と言うのも、ここ最近急に仕事が入ったり友達がモントリオールに遊びに来たりしていて、バタバタしていました。

秋の紅葉シーズン間近と言うこともあり、観光シーズン真っ只中のモントリオールです。

 

そして、先日ブログにも書いた IELTS の試験。実はビジネスの勉強をするために、大学付属のビジネススクールにある Business Administration のプログラム(MBAではありません!!笑)に申請していたので、その書類審査で英語の成績が必要となっていました。

 

 

結果は…駄目かと思いきや(恐らくギリギリで、いや確実にギリで・・・)入学許可が下りました!!!

まさかまさかの嬉しい知らせ☆

 

  

今回は短期で取れるサーティフィケートのプログラムなのですが、出願時にはリファレンスが二通必要だったり、自己推薦状や大学の成績証明書、IELTS等の英語試験結果、履歴書が求められたりと、準備だけでも結構な時間がかかりました。

 

リファレンスは大学でお世話になった教授と、カナダで永住権を取るまで働いていた部署のボスにお願いしました。

日本のリファレンスは日本語で書いていただき、こちらで公認の翻訳家の方にお願いして英文に訳して提出。。

どの書類も密封していなくてはいけなかったり、直接大学側に送らなければいけなかったりと、不正を除くためだとは思いますがこちらとしては少し手間がかかりました。まぁ、学歴詐称などをしないようにだとは思いますが、さすが厳しい・・・!

 

 

ちなみに、リファレンスの重要さや書き方を調べるのにこちらのサイトは結構参考になりましたよ(英語)。↓↓

 

https://www.thoughtco.com/sample-graduate-school-recommendation-letters-1685932

 

https://www.gradschools.com/get-informed/applying-graduate-school/essay-writing/sample-letter-of-intent-for-graduate-school

 

 

自己推薦状 (Statement of Purpose /Letter of Interest )はこちらを参考にして書き、友人に添削してもらいました(英語)。↓↓

 

https://crunchprep.com/gre/2014/powerful-statement-of-purpose

 

https://www.prepscholar.com/gre/blog/graduate-school-statement-of-purpose-sample/

 

 

内容が全くストーリーになってない!!等と、忠告を受けながら、何回も書き直した自己推薦状・・・。何度も何度も読み直して書いて、こんなに集中したのは久しぶり。。(苦笑)

 

 

そんな思いがけない出来事に、私の今後の計画は大幅修正!プログラムは英語で行われるので、モントリオール在住ですがしばらくはまたフランス語の勉強をお休みして、ビジネス英語を頑張りまーす!!

 

久しぶりの学校生活、期待120%です☆ キャリアアップや進学を目的として学校を目指して頑張っている方、一緒に頑張りましょうね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しさにもこだわったメディカルハーブ専門店

 

 

 

先日ダウンタウンにあるコンコルディァ大学(Concordia University)のルーフトップ・グリーンハウスで行われていた、オープンハウスに参加してきました ! 

ここの温室は1966年に生物学の研究の一環として大学ビルの屋上に造られ、ダウンタウンの中心地にありながらも常に太陽の光を十分に吸収できるよう設計されたようです。

 

About | The Concordia Greenhouse

https://concordiagreenhouse.com/about/

 

 

この温室プロジェクトは可能な限りのオーガニックを追求して、地域のコミュニティに積極的に参加したり、ボランティアやインターンシップを受け入れたりしながら持続可能な園芸を研究しています。中はカフェにもなっていて、学生達が勉強できるような空間も用意されていました。

ただ、もちろん温室なので…蒸し暑いです(笑)。

 

 

 

ちょうど私達が行った時にはオリエンテーションを行っていました。

担当の方が丁寧に植物やここのプロジェクトに付いてなど解説してくれました。

この日はちょうど気温が高くなった日で、このグリーンハウス内は気温35度以上・・・

久しぶりに常夏の湿気を感じてきました(苦笑)。

 

 

上の写真は、これから植物を育てていって、いずれは元になっているプレート自体が隠れるだろうとのこと。

様々な方法で植物を育て、いかに持続可能で科学物質の少ない園芸が出来るかどうか、それがプロジェクトの一環であるのだと思います。このスペースに、バナナの木だったりマンゴー、イチジク、にんじん等多様な植物を育てていました。

 

 

 

1966年に造られてからほぼ改装をしていないそうで、“古くなってきているからねー”と話していました。

 

 

中央にあるのはパピルス。エジプトなどで紙を作るのに使われた植物ですよね!

水の中にはなぜか鯉がいました☆

 

 

サボテンは株分けして数を増やし、こうやってコミュニティのバザーなどで販売しているそうです。

たくさんの苗木が次のバザー出展に向けて、準備されていました。

 

 

最初にもお話ししたように、ここではボランティアやインターンシップを頻繁に募集しているそうです。

生物学を勉強している学生や、園芸を仕事でしているかた、オーガニックに興味のある方など、知識をもっと増やして実際に植物に触れながら知識を増やして行きたい方にピッタリの場所だともいます。

 

ツアーの後はここで栽培された野菜やハーブティも試せたので、久しぶりに本格的なオーガニックのカフェに行った気分でした☆

暑すぎて、とても長居はできませんでしたが...(笑)

 

 

 

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩お勧めスポットカナダ海外旅行 総合ハイキング旅行海外一人旅一人旅一人旅のススメ

  

 

     

 

 

 

もう一年も前になるのかー。写真を見ながら思い出した、バンクーバー島への一人旅☆

 

今回はユクルーレット(Ucluelet)をご紹介します!

 

ユクルーレットはサーフィンで有名なトフィーノから車で20分ほどのところにある小さな漁師町。

世界的に有名なトフィーノと同じような景色やアクティビティが楽しめるのに、なぜか知らない人が多い隠れたお勧めスポットです。

 

 

         

 

私個人的には、トフィーノももちろん良かったんだけど、この人気のあまりなくひっそりとした可愛らしいユクルーレットの方が居心地が良かったかな☆

 

 

今回はホステルに滞在し、トフィーノで偶然であったドイツ人の旅行者と一緒にハイキングに行ってきました!

 

ユクルーレットで有名なトレイルの一つ、ワイルド・パシフィック・トレイル(Wild Pacific Trail)に挑戦!!

 

           

 

このトレイルは普通に歩いたら一時間ほどで回れるのですが、写真を撮るのが大好きな私達。のんびり歩いて3時間ほど費やしてしまいました。(笑)

 

このハイキングがお勧めなのは、様々な景色が楽しめるところ。

こんな感じで木々の中を通り抜けたと思ったら・・・

 

           

 

 

   $1/月だけで世界中のアプリ内の無制限テクスト送信

 

 

急に視界が開けて、水平線を眺めることが出きます。

こんな風に見えるハイキングトレイルの要所要所にベンチがあるので、そこで一休憩。年齢層を問わずに、自分達のペースで回ることが出来るのがお勧めポイントの一つでもあります☆

 

 

         

 

ハイキングトレイルは町の手前から行くか、先まで行ってから歩くかでまた雰囲気や見る景色の角度が変わってきます。

 

実は私達、トレイルのハイライトである灯台と青い空の写真が取りたくて、2日間の間に3回このトレイルを歩きました(笑)。

そしてようやく雲が晴れて青空に恵まれ、撮れた写真がこちら。↓

 

         

 

この赤い灯台には絶対に青い空が必要!!!そう言って歩いた甲斐ありました!

 

やっぱり曇り空と青空では、それぞれ良いのですが気分が違う!!岩場に腰掛けて一休憩。

ハイキングって心の健康に良いですよね☆

 

そしてまた海岸線沿いを歩いていると、岩場になんとバンビがいるじゃないですか!!

 

☆可愛い☆

 

 

         

 

そしてハイキングトレイルを終えて町に向かってまた歩いている時、今度は鷲(イーグル)が王者の様に佇んでいました。

 

カッコイイ!!!

 

 

          

 

 

ハイキング三昧だったユクルーレット。同じトレイルでも、天候や歩く順路を帰るだけで、見える景色も気分もずいぶんと変わってきます。新しい発見の数々!!

 

次回はユクルーレットの町並みをご紹介しますね!

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:モントリオール大好き!カナダ海外旅行 総合ビール海外生活

 

 

参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

 

 

まだ9月ですが、モントリオールで一足早く始まっているOktoberfest (オクトーバーフェスト) に行ってきました!

 

今回行ったところは、9/21~23日までオリンピックパークのあるメトロ Pie-IX すぐ近くで開催されているオクトーバーフェスト。

開催初日は木曜日、ということでそこまで人も混雑しておらず、なんとなくビアガーデンのような雰囲気でアットホームなリラックスした雰囲気を楽しめました。

 

 

肝心のビールですが、昨年行ったAtwaterで行われたオクトーバーフェストとは比べ物にならないくらいの種類の少なさ…(苦笑)。

値段もお試しで何杯もと言うより、一瓶・一缶ずつで販売しているので、本当に夏のビアガーデンのような感じでした。

 

食べ物はピザやプレッツェルなど。ピザは一緒に行った友人とシェアしてきたのですが、この釜焼きピザが意外と美味しかったです!

 

 

写真にあるように、本格的な大きな釜で焼いていました☆これは風味が増して絶対に美味しいと思う!!そういってオーダーした私達。

 

 

釜で一枚一枚丁寧に焼いてくれました。ピザ自体はシンプルなのですが、チーズがスモークのような風味をつけてとっても美味しかったです!これで$7だったらそんなに悪くないんじゃないかな。

 

肝心のビール、私が頼んだものは$10と、若干“ムムム・・・”と思うお値段でしたが、この雰囲気で楽しむんだったらやっぱり気に入った味を試して見みたいですよね!

 

週末にはライブの演奏あったりして、きっともっともっと賑わって面白くなるのだと思います。

 

 

まだまだこれからが本番のオクトーバーフェスト!

どんなビールが試せるのか、今から楽しみです☆

 

 

 

 

 

大人女子の旅を応援する「MILESTO」

 

 

 

9月に入って急に肌寒くなったかなと思っていたら、また先週あたりから暑い日が続いているモントリオール。

インディアンサマーでしょうか?

 

秋は私の一番大好きな季節☆特に紅葉の素晴らしいモントリオールに来てからは、この季節がやってくるとワクワクしてしまいます。

 

その少し前に冷え込んだ温度差から、街中には黄葉や紅葉している木が出てくるようになりました!

 

モントリオール 紅葉 黄葉

 

落ち葉を見るのは何だか少し寂しい気もしますが、地面が黄色やオレンジの落ち葉で埋め尽くされるのって不思議と温かな気持ちになりませんか?落ち葉の絨毯の様で、カラフルできれいだなーと、いつも見ていて写真を撮りたくなってきます。

 

春の新緑から夏の濃い緑の木々も生命力を感じさせるように生き生きしているのですが、秋の木々ごとに違った色の葉で着飾っていくのをみると、改めてこんなに色々な木があったんだと実感させられます。木々ごとに個性が出ているのを見て、何故かとても嬉しい気持ちになります。

 

 

先日歩いていたら、カナダのシンボルでもあるメープルリーフの葉っぱが落ちていました。鮮やかな赤で、秋だーー!!と一人でニヤけてしまいました(笑)。

 

メープルリーフ ケベック モントリオール 秋

 

 

この暖かい日々が終って本格的に涼しくなってきたら、きっともっともっと鮮やかな色が出てくるのかと思うと、今からどこに散歩行こうかなーなんて考えてしまいます(笑)。去年は公園を中心に写真を撮りに歩いたので、今年はモンロヤルでハイキングでもしながら写真を撮りにいこうかな☆

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:国際恋愛モントリオール大好き!恋の話カナダワークアウトフィットネスデートスポーツクラブ通いがんばり帳

 

 

本気でダイエットを考えるアナタを、365日しっかりサポート!

 

 

今回はここで宣言させてください!!(笑)

この冬は…ジムに通って鍛えるぞーーー!!!

 

と言うことで、スポーツジムに通うことにしました!

 

モントリオールには様々なダンスのクラスがたくさんあるので、踊るのが大好きな私は昨年はサルサやラテンダンスのクラスに通っていました。ただその後仕事の都合上続けることが出来なくなり、どこかにズンバやダンスなどひっくるめた良いクラスがないかなとずっと探していました。

 

 

そして先日、相方のベネフィットを利用して彼のジムに体験でついて行った時のこと。

 

久しぶりの運動!!すっごく気持ちが良い!!!走り出したら面白くて止められない!!

 

最初にウォームアップした後は、ストイックな彼に無理やりワークアウトのプランを作られ、中学時代の部活の筋トレを思い出すかのようなトレーニング・・・。

ウエイトも積まれ、私には重いって言っているのに、“筋肉は使わないと鍛えられないんだよ!”と容赦なしです。。

 

あまりのストイックさに、“Let me just run, pleeeeeeease!!!!!” お願いだからただ走らせてーーー!!!と、途中抜け出してしまいました。(苦笑)

 

お互いに汗かきつつ、全然きれいな姿なんかじゃないのに、そんなこと気にならなくなるくらいに一緒にエクササイズするのって楽しいですよね!こんなことならもっと早くに連れて行ってもらえば良かった・・・。

 

そして、ジムの帰りにメンバーシップに関しての情報を聞いたところ、なんとサルサやズンバ、アフリカンダンス、そして私の大好きなベリーダンスのクラスもあるじゃないですか!!!これはビックリ!!!

 

エクササイズも出来て、ダンスも習えるんだったら、これはやるしかない!!!

 

 

ということで、今月から始めることにしました☆

 

一ヶ月で終らないように…今後もカップルワークアウトのテーマで更新できるよう頑張ります!!(笑)

 

彼や彼女が一人でジム通いしている方、最近運動不足だなと感じている方、次のデートの行き先をジムにするのはどうでしょう?

意外と距離感縮まりますよ☆

 

 

 

 

 

海外で生活をしていると、恋愛対象になる人へのこだわりが少なくなり、更に幅広い人を受け入れられるようになる気がします。多種多様な人々と出会うため、そうなっていくのが自然の流れなのかな、きっと。
そう感じるのは私だけではないはずです。

 

 

生まれた国や育った環境、文化が異なる人たちと一緒に出会って生活をしていくわけだから、自分の常識範囲内だけで行動していたら面白くない!! (笑)

 

私のカナディアンの男友達に言わせると、“カナダは移民の国なんだから、共通の常識がないのが常識でしょ。”…と。

 

最初は、”何だって???”と思ったのですが、改めて考えてみればその通りですよね。移民の多い国だからこそ、ネイティブの人達、ヨーロッパ圏の人達、ケベックにいるフランス系の人達、南米からの移民、そしてアジアからの移民。宗教も言葉も違う人達が集まった多国籍国家。
ひとつの常識で通用するわけがないですよね。

 


ここで言う常識は、部屋の中では靴を脱ぐ、床に食べ物を置かない、人の物は勝手に使わない、クリスマスよりも年末年始を大切にするとか・・・、日本で習慣になっていることが、相手の習慣であるとは限らないということ。

 

だから、好きになった人、好意のある人の習慣がどのくらいお互いの許容範囲にあるかということが、長く一緒に付き合って行く中で大切になって行くんだと思います。私も以前同棲していたカナディアンの元彼と住み始めて、改めて気付いたことがたくさんありました。

 

 

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

 

そして、今回のテーマ“海外の恋愛事情”!(前置きが長い!! 笑)

 

 

先日、ある友人と彼女の恋愛についてガールズトークをしていたところ、相手に求めるもののギャップに二人して驚きました。

つい最近まで2人の男性とデートしていた彼女。一人はとっても優しい男性。そしてもう一人はまだまだ遊びたい盛りの年下の男性。

 

どちらもそれぞれ良かったのですが、彼女が相手に一番に求めるのは、どれだけ彼女との時間を作ってくれるか。

特に付き合い始めの頃は、相手に会いたくて会いたくて仕方がなく、週末だけのデートなんてあり得ない!!

優しい男性は平日は忙しかったようで時間が取れず、彼女はその不満を満たすために年下の男性とも会う事にしたようです。

 

まだ付き合う前のことだから、何人かの相手と同時進行で知っていくことは悪いことではないと思うのですが、彼女の求める頻度が多すぎる!! 特に絶対条件になってくるのが、身体の関係。彼女曰く、“一緒に住んでいたら最低でも一日2回だね☆”って…。さすがに毎日2回は多くないですか!?(苦笑)

 

精神面でも、身体の面でも、いつでも繋がっていることを実感していたいとの事。そうでないと駄目なのが自分でも分かっているから、それが出来ない男性とは最初から付き合えない!そう言っていました。

 

彼女自身もそれが少し過剰なのは分かっていて、お互いにギャップがある時は譲歩しあうことも必要と話していました。ただ今回の男性達はそれが出来るくらいのギャップではなかったので Moving onするそうです。 

 

 

日本の身体の関係に付いては、友人に聞かれることもしばしばあります。性に対してオープンな環境だからだと思いますが、恋愛する上でそこに対する比重もかなり大きいのではないでしょうか?

 

先日読んだある記事では、性行為後の女性の幸せ持続期間は72時間とありました。だから3日に一度くらいのペースでずっと幸せでいられるんだよ!と話したら、当然の如く大否定…そんなんじゃ足りない!と。。

 

 

 

良い意味で情熱的な彼女に、早く似ている価値観の男性が現れますように!!!

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

読みたい本に必ず出会える!!

海外航空券の比較検索ならこちら↓↓

 海外生活ブログ

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM