永住権取得のラストステップ!! ボーダー越え(ランディング/フラッグポール)

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 03:34

 

 

【女性リズムを笑顔で過ごしたい時に】

 

 

 

カナダ移民をするにあったって、最後のステップとなるボーダー越え。

フラッグポールとかランディングとか言われているようですが、要は永住権を有効化するために一度カナダ国外に出て入りなおして来るというもの。その時に、移民申請が完了します。その後はPRカードが送られてくるのを待つのみ☆ ここまで来ればもう一安心です!

このランディングについては、この機会を使い国外に旅行に行く人もいれば、私たちのように手っ取り早く日帰りでUSへ行って、カナダへ引き返してくるパターンもあります。US国内に特に用がなく国境で手続きだけしたい場合は、US入国時に入国拒否をすれば良いだけでした。私が最初に付き添いで行った時は、パスポートにスタンプすらも押されませんでした。

 


私自身が行って来た所を含め友達の付き添いで行った所を合わせれば、カナダーUSボーダーでは3箇所のオフィスに行ってきました。すべて車での日帰り国境越え。今回はその3箇所をご紹介します。

 

 

 

 

 


一つ目はBC州とワシントン州のボーダーにあるDouglas/Peace Arch。
ここは24時間開いていて、私が行った時は夜だったせいか3組くらいしか待っていませんでした。比較的きれいで大きな建物で、待合室もゆったりとしていて、オフィサーの雰囲気はすごく良かったです♪ シアトル方面に向かう人達が通るせいもあるのか、昼間にUS入りした時はボーダー越えるまでに渋滞していて1時間程かかりました。

二つ目はAB州とモンタナ州のボーダーにあるCaraway。
ここは小さなオフィスで、カナダ側のオフィスがUS側に比べて質素だったのが印象に強かったかな。このオフィスは時間制限があって私達が利用した時は7時から23時まで。たまたまインディアン系の大家族がいたりして、この時は待ち時間が一時間程度。手続き自体は早かったのですが、オフィサーの対応がとても業務的な感じでした。

最後は同じくAB州とモンタナ州の境にあるCoutts。
ここはUSオフィスとCanadaオフィスが同じ建物内にありました。ここも24時間オープン。大きなきれいなオフィスで、どちらのオフィサーも優しかった印象がありました。興味深かったのは、US側で入国拒否をしたんだけど、カナダ側までオフィサーが車で誘導してくれたこと。USへの進入を防ぐためとはいえ、わざわざ車を出して十数メートルを誘導してくれるなんて、親切ですよね。
昼間で大きいオフィスの割には待っている人も少なく、手続きもスムーズに終了しました。


どこもそれぞれ違った雰囲気でしたが、移民申請の最終段階というと緊張してしまう私たち。意外とオフィサーの笑顔で緊張が解けたりして、スムーズにどの場所でも手続きすることが出来ました。

 


他の場所は分からないけれども、私が見たこの3箇所は、どこもすんなり移民手続きが終了したから一安心でした☆

これからランディング計画されているかた、参考になれば嬉しいです。(‐^▽^‐)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢は海外移住!私がカナダで永住権を取得し移民した方法 2

  • 2017.08.20 Sunday
  • 05:17

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!商品は1点からでも購入可能

 

 

 

今回は前回に続いて永住権取得過程で必要な、提出書類・無犯罪証明書のお話です。

通常であれば、その国の大使館なり領事館、もしくは警察機関などに問い合わせて、過去の無犯罪証明書を作成してもらいます。基本的には、6ヶ月間継続して滞在したことがある国全て対象のようです。

 


私の場合は、日本以外だとワーキングホリデーで滞在していたオーストラリアとニュージーランドの無犯罪証明書が必要でした。

オーストラリアは日本と同じで、個人で証明書を請求することが出来るのですが、厄介だったのがニュージーランド!!

ニュージーランドに関しては、カナダの移民局(CIC)にその申請取得を委任することになります。なのでまず、申請依頼書のような用紙“Disclosure Form”を記入し、CICへの最初の書類提出時に同封します。

その用紙を元に、CICがオーストラリアにあるニュージーランド政府機関に申請依頼をし、そこからニュージーランドの警察機関へと手続きが進みます。まどろっこしい・・・。


 

そのため、通常なら申請者が全ての書類を揃えて郵送し、CICについた時点で書類チェックがスタートするのですが、私の場合はそのCICのオフィサーに一手間かけて動いてもらわないと書類が全部揃わないという事態に陥ってしまったのです。。。私の書類不備ではありません。

ただでさえ、のんびりしているCICがこんな面倒なことするわけない。。後回しにされるに決まってる!!と思っていたら、意外と最初の連絡は早く来ました。

 


しかし、その時のタイトルが“Additional Documents”。
追加書類!?まさか・・・

 


そう、ニュージーランドの無犯罪証明書を提出しなさいとのこと!!おそらく私の書類担当者が、ニュージーランドの書類取得方法を知らなかったんだと思います・・・。3回電話したら3回違う答えが返ってくるCIC・・・ありえる!!

提出しろと言われても、指定された方法を取る以外、私にはどうしようもないですよね。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、ダメもとでニュージーランドの領事館に問い合わせをしました。素早い返信はくれたものの、カナダ移民に関しての無犯罪証明書発行方法は、私が取ったやり方しかないとのこと。移民サポートの人に問い合わせても、同じ答えが返ってきました。

と言うことで、CICに再度“Disclosure Form”と、事情を説明し委任するしかないと言う旨を書いた用紙を同封し郵送するという二度手間に。


それから一時ペンディングされているという情報を得たものの待つことしか出来ず、一年程経った頃に移民申請受理の手紙が届いきました☆
 


ネットで調べた時も結構同じ状況で申請が中断されている人たちがいたので、却下されるのではないかと心配していたのですが、無事に審査が出来たようなので一安心しました。



何がどういう理由でそうなったのか不明だけれど、一年有効の健康診断も、途中でもう半年期間延長してもらえていまいした。。ラッキー♪


移民申請はストレスの賜物。
オフィサーによって、どう転ぶかも分からない。永住権取得までの道のりは、我慢くらべをしているのではないかと思うくらい、不安定て長く感じました。振り返ってみたらあっという間なんですけどね(笑)。

 

 

これからカナダの永住権を取得して移民を目指している方々、諦めなければきっと必ず永住権は掴めるはず。

希望の道が開けますように☆

 

 

 

 

 

 

 

 

夢は海外移住!私がカナダで永住権を取得し移民した方法 1

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 10:10

テーマ:海外生活海外移住移住先を探す海外移住したい!一人暮らしカナダ移民生き方海外留学海外永住権

 

 

 

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】

 

 

今回は私がカナダの永住権を取って移民した方法についてお話しします!

今移民を考えている方、現在永住権取得を目指して頑張っている方に少しでも参考になれば嬉しいです。



数年前に、私は念願の永住権を取得しました。

カナダで私が取った永住権取得の方法は、州指名プログラム"PNP" (Provincial Nominee Program) による個人移民。

カナダのビザ取得に関しては変更や休止があったりと、海外労働者の私たちからすると混乱させられることばかり。。。
私は少し前にワークパーミットの取得自体が厳しくなる少し前に運良く移民申請を開始できたから良かったものの、タイミングが合わずカナダを出なければならなくなってしまった友達を何人も見てきました。

こればかりはカナダ政府の決めることなので、私達がどうあがいても無理な時は無理なんですよね。悔しいけど・・・。

 

 

 

 

 


本題に入って、移民をする方法はいくつかあるのですが、カウンセラーでも弁護士でもない私が紹介するのもどうなんだろう??と思うので、ここでは私の周りのケースだけご紹介しますね♪


私の周りでは、ほとんどがPNPか、コモンロー移民、そして結婚移民。

結婚移民はその名前の通り、カナダ国籍またはすでに移民している人にスポンサーになってもらい、移民の手続きをするもの。

私の友人はカナディアンと結婚し、国外申請で約一年半くらいかかり永住権取得。別の知り合いは国内申請だったから少し早くて、一年かからず永住権が取れていました。6年ほど前に永住権を取得した友人は、申請中に出産したため追加書類を提出しなければいけなかったと言うことで審査にも時間がかかり、国内申請でも約2年近くかかったようです。申請中の出産は審査を遅らせる可能性があるということですよね。


私が選んだPNPの場合、まずは私の住んでいる州の申請条件内容に従って、移民申請をします。そこで移民資格があるかないかの判断が下され、受理されたら推薦状が送られます。
それを元に今度はカナダの移民局へ、州指名を受けたという推薦状とともに必要書類を提出します。2段階の審査になります。

私の利用したカテゴリーでは、一定の職で2年以上(この時は期間限定で、通常3年の経験が必要なのに2年で申請資格がもらえました。しかも会社からのスポンサー書類なし!移民申請の仕方はコロコロ変わるので、タイムリーな情報収集は必須です。)働き、今後も同じ州内で仕事の保障があるということを証明できる状態で申請しました(この時点ではワーホリビザから2度目のワークビザに切り替えていました)。

最初の申請から移民の結果が届くまで、私は1年半程かかりました。
ちなみに、私の2ヶ月前に申請した同僚は、1年かからずにすべての審査を終了。その前に申請した同僚も、1年程で取得していました。


私の申請に時間がかかった大きな理由は・・・以前住んでいたニュージーランドの無犯罪証明証の取得がスムーズに行かなかったから。これは紹介された移民弁護士が調べても、おそらくこれが理由で審査が中断されているのだろうって返事が来たからほぼ確実です。。

ちなみに、犯罪歴は”ゼロ”です!!!
誤解を招くといけないので・・・(笑)

カナダ移民申請時には、基本的に過去に6ヶ月以上滞在した全ての国の無犯罪証明書を提出しないといけないことになっています。


ではなぜそれが問題になってしまったのか・・・、これについては長くなるのでまた後編で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーホリ時代にしておきたかった事・ワーキングホリデーという時間の使い方

  • 2017.05.07 Sunday
  • 04:52

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

 

 

 

今回はワーキングホリデー時代にやっておけばよかったなと、今さらになって思うことについてちょっとお話していきます。これから海外移住を視野に入れてワーキングホリデーを利用しようとしている方、または現在永住権取得を目指している方にも、少しは参考になるのかな?

 

 

現在はカナダでの永住権を保持していますが、最初にワーキングホリデーで海外生活を送ろう!と思った時には、一年で日本に帰国する予定でした。

 

それが何だかんだと縁があり、風向きが海外永住権というところまで吹いてしまった、そんなところでしょうか。

 

もちろん、永住権取得に辿り着くまでの道のりが平坦だったかと言えば、そんなことはありません(苦笑)。

 

思いっきり、Up&Downのある凸凹した道でした。それを書いていくとまた長くなるので、またの機会にお話しますね!                         

 

 

さて本題に戻って、何をしておけば良かったのかと言うと、貯蓄です。

 

 

英語じゃないの!?と思われる方もいるかと思いますがもちろん英語の勉強も必要です。

 

ただ海外で生活するに当たって、やはりお金に関してはシビアになっておいた方が後々楽になってきます。

 

 

私は先ほどお話しした通り、日本に1年で帰国する予定でした。

 

日本に帰ればまた仕事がある。この1年間は海外経験という時間を買うんだ!そう思って、ずっとやりたかったボランティアの仕事を中心に、パートタイムの仕事と日本の貯金で生活をしていました。

 

当然、旅や海外生活で得られる経験はお金に変えられないものもたくさんあります。そして、大金を支払ってでも得た方が今後の役に経つという経験だって、山ほどあります。

 

ただ、だからと言って0になっても良いのか?

 

それに関しては、私は未熟だったなと今になって実感しています。

 

 

貴重な経験やかけがえのない友達を作ることが出来ましたが、どん底の状態も経験しました。。。

 

 

オーストラリアでの2年間の生活を経た後、ニュージーランドのオークランドで生活していたのですが、その時の銀行残高・・・19ドル

 

 

日本の貯金は既に使ってしまい、本当にほぼゼロからのスタートになってしまいました。

 

 

チョコレート一個が買えず、だったらお米を3ドルで買った方が腹持ちするよね・・・。

 

 

当時は泊まっていたホステルのフリーフードを期待するような、そんなレベルの状態でした。

家族に頼るなんてことは経済的に出来なかったし、何よりも心配をかけないということで海外生活をしている身だったので、相談するなんて事は考えられませんでした。

 

 

そう言っても、働かざるもの食うべからず!運良くパートタイムで仕事はしていたので、2週間後には初給料を手に入れることが出来ました。ほとんどが宿代に回ってしまったのは言うまでも無いのですが・・・。

 

 

それから一ヶ月くらいは厳しい状態が続いていたのですが、徐々に少しずつ回復。

 

 

海外に来て、自分が本当にゼロからのスタートになるなんて、誰が予想していたでしょうか?

 

だったら日本に帰れば良かったのに。今となっては笑い話のその時の状態を話すとそう言われますが、負けず嫌いで頑固な私は、それでも自分を試したかった、どこまで出来るか挑戦してみたかったと言うのがあったのだと思います。

 

そしてそれが出来たのも、いつも回りに心の支えになってくれるような友人がいたことでしょうか。

 

それと、最終的には帰ることのできる場所があったこと。これは否めません。

 

                 

 

何かに挫折したり、ぶち当たったりしてゼロからのスタートをする経験することが、その後の人生に大きな意味をもたらすことは当然あります。

 

ただ、もし回避できるのであればそれに越したことは無いです。その分他の事にエネルギーを使った方が、結果的には良い場合だってあります。

 

 

今は楽しいかもしれない。でも、もし今後もしかしたら海外に永住したいな、このまま海外でやって行きたいなと思っている方がいたら、その時の自分が苦労しないような土台だけは、崩さないであげてくださいね!

 

 

 

あれから8年、ゼロからスタートして永住権取得まで辿り着きました。

 

出来ないことはない、でもつねにプランBは念頭に入れて、思いっきりワーホリの期間を充実させてくださいね☆

 

 

失敗談から学んだと事として、参考までに☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シングル海外生活10年目にして思うこと。

  • 2017.05.04 Thursday
  • 02:49

テーマ:旅行カナダ移民海外移住海外生活海外永住権国際恋愛

 

 

 

世界各国に無料配送【SSENSE】

 

 

今回のテーマは、シングルで海外生活10年目に入って思うことについて。

 

この夏で、日本を離れてからちょうど10年になります。その間何カ国かを経由して、今このカナダへと辿り着いているわけですが、なんだかんだで生活してきて、気付いたら10年経っていたと言うのが本音でしょうか。

 

海外生活をしていると、仕事の内容にもよるかと思いますが、そうそう頻繁に日本に帰ることが出来ません。

 

日系の会社とか、日本との取引関係のある会社にお勤めの方や自営の方は融通が利きやすいのかと思いますが、私のような普通の海外在住人にとっては、日本への帰国は目指して一年毎。今回もまた二年は帰れないだろうなと思っています。

 

 

寂しくないの?特に私のように親族も家族もいないものにとってはそう聞かれる事も多々ありますが、返事はいつも同じ。

 

“大丈夫(笑)”

 

 

当然、寂しくなる時だってあります!!(嘘は言いません。笑)

日本の友達に会いたいー!!!って思う時だって、多々あります。

 

 

それでも、家族同然のように助け合える友達や信頼できる仲間がいることで、居心地の良い環境を持つことが出来、海外生活を継続していけているのではないかな☆

 

 

私の好きな言葉に、こんな言葉があります。

 

 

“Home is not where you live

   but where they understand you.”


― Christian Morgenstern

 

 

 

“家とは住んでいる場所のことではなく、あなたの事を理解してくれる人たちがいる場所のこと。”

 

こんな感じでしょうか。本当にそうだと思います。

 

だからこそ、自分を理解してくれる人が居るからこそ、私はこの10年間、昔からの友達や家族と離れても生活できていられるのでしょう♪

 

 

日本で生活していても、海外で生活していても、基本は一緒。

 

信頼関係がそこに存在しているかどうか、それに尽きるのだと思います。

 

 

海外経験の長い方、これからの海外生活に不安を抱えている方、海外ではどんな生活を送っているんだろうと疑問に思っている方、どこに住んでいるのかって、そんなに重要なことではないような気がします。

 

(当然、緊急の場合は物理的な距離の差で悔やまれることもありますが・・・。)

 

きっと、どういう人たちと関わって生活しているかの方が、大切なのではないかと最近しみじみ思いました☆

 

 

家族がいる、支えあえるパートナーがいるに越したことはないとは思いますが、例えいなくてもシングルライフは結構充実しています。“幸せでいること”、それが家族と離れて海外で暮らす時の親からお願いされたことの一つだから。。 :)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

海外ブログ

潤うコスメ

↓ブログランキング↓

ビジネス英会話【GABA】

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大学院生活:Exam 準備にお勧めのビデオ(Econ.)
    りりん (11/22)
  • 大学院生活:Exam 準備にお勧めのビデオ(Econ.)
    K (11/21)
  • バンクーバー島一人旅4 : コーテス島(Cortes Island)− Hollyhock 後編
    Changmi (08/02)
  • 国際恋愛:宗教の違いで起こった誤解
    りりん (04/20)
  • 国際恋愛:宗教の違いで起こった誤解
    たいよう (04/18)
  • バンクーバー島一人旅4 : コーテス島(Cortes Island)− Hollyhock 後編
    りりん (02/18)
  • バンクーバー島一人旅4 : コーテス島(Cortes Island)− Hollyhock 後編
    チャンミー (02/14)
  • モントリオールでの学生生活、ついにスタート☆
    りりん (01/15)
  • モントリオールでの学生生活、ついにスタート☆
    ma (01/14)
  • まさか、奇跡の入学許可!?モントリオールで学生に戻ります!
    りりん (12/31)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM