国際恋愛: 本気の喧嘩は本音で解決

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 12:13

                     セタフィル

 

 

文化や価値観の違いがあると、それを埋めるまでにはお互いに色々と努力する事が必要だなと、最近実感しています。

 

少し前に相方と喧嘩になった時のこと。。。

 

 

ある事で彼がとても怒ってしまったのですが、私にとっては元を正せば彼の責任問題。

 

何なんだこの人は!?…と思って数日考えながら、友人たちに話を聞いてもらっているうちに、たった一つの結果でも見方一つでこんなにもリアクションが変わってしまうのだと驚きました。

 

きっかけは些細なこと。彼の車に関してだったのですが、私の見方では自分のものは自分で責任を持つべし、私はサポートしているだけ。

 

彼の中では、一緒にいるのだから自分のものは二人のもの。何かあったら二人で協力しあうべし。

 

一つの事実を違う角度から見ているのだから、それに気付くまでは話が合うわけがない…。どう話してもお互いに平行線で、何でわからんの!?とお互いに話してもダメだモードでした。

 

数日してお互いに少し落ち着いて全体像を見ていると、なんとなく相手の言っていることもも理解できるようになってきました。

 

彼の言い分を聞いて受け入れ、私の意見も伝えて理解してもらい、お互いにそれぞれの言い分があったのだと、喧嘩に終止符を打つことができました。

 

 

        

 

 

私の友人のように、第三者からしたらそれぞれの意見が見えやすいのかもしれませんが、当事者としては相手の立場に立って尚且つ何を求めていたのかなんて中々一瞬で気付くことができないのでは?と思います。まず気付くことが大事ですもんね。そうじゃないと始まらない!

 

 

同じピラミッドを見ていても、上から見たら四角、横から見たら三角形。角度は違うけど、結局は同じものを見ているんですよね。それがいざとなった時に瞬時にできるかどうか。喧嘩中を夜に例えたら、月明かりの中でそれを思い描いて3Dを描けるかどうか。

 

 

多少の妥協も必要だとは思いますが、本気の喧嘩は本音を伝えて一回一回解決していきたいなと思っています。

喧嘩せずにお互いの価値観を埋めて良ければ良いのでしょうが、うちは二人とも沸点低いのでなかなか…(苦笑)。

 

 

相手の価値観に基づいてその立場になって立ち止まって考えながら、長く仲良くやっていけたら良いな。

 

 

 

 

 

              

 

 

 

 

 

 

私の彼の電話の対応。2

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 03:30

テーマ:日記・一般海外生活国際恋愛

 

 

 

カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。

 

 

12月になりました!!2018年も最後の月。早すぎるーーーーー!!!

そして今週・来週はFinal Exams(期末試験)が立て続けにあります。

 

英語がもともと苦手な私。フルタイムで学校に通っている上にただでさえ授業内容を理解するのに時間がかかるので、今週はパートタイムのお仕事をお休みすることにしました。試験勉強集中!!

 

そんな私にプレッシャーをかけるように、私の相方も最近はハッパかけてくれます。

 

 

今回はその彼の電話の対応のお話!先日ちょっと面白いことをしてくれたので…(笑)

 

 

たまたま私が電話に出られなかった時のこと。

いつものように彼がメッセージを残していました。留守電のメッセージって、”お名前とお電話番号と用件をお話しください。”

とか、そんな感じですよね?私の留守電も同じ内容だと思うのですが、留守電通知が入っているのでかけてみると…、

 

 

彼「Name, you know my name. Phone number, you have my number. Why am I calling you? Because, I'm calling you to talk to you, and you are not answering. Byyyeeee!」

 

 (名前、知ってるでしょ?番号、持ってるでしょ?用件?話すためにかけてるんだけど、電話でないじゃん。まったねー!)

 

 

……(笑)

 

 

留守電の指示に従ってちゃんとメッセージを残してくれているのですが、本来の目的とはちょっと違う気がする…(笑)

掛けなおしたら、”聞かれたから答えただけ”と。

白々しい。。。(苦笑)

 

 

どこから出てきたアイディア!?と言うくらい、普段から話していることの半分が冗談の彼。

いつかそれを乗り越えてやろうと思っているのですが、壁は高いです。

 


下の写真は、彼が作ったモロッカン風オーブン焼き。

 

 

 

 

スパイスのたくさん入ったミートボール、ズッキーニ、ブロッコリーとカリフラワーにチーズをかけてオーブンで焼いたものです。

 

 

 

 

これから冬の時期は、オーブン料理で暖まるのが楽しみになりますよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

彼のモットーは …“2人で分ける”

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 13:19

テーマ:日記・一般海外生活カナダ国際恋愛

 

 

 

 

大人の肌に「ハリ・ツヤ・うるおい」を叶える新ファンデ!【銀座ステファニー化粧品】

 

 

 

国際恋愛で学ぶことの一つに、価値観の違いを受け入れる、というのが思い浮かぶかと思います。

少なくとも私の中では、これはTop3に入るくらい、お互いにとって大切なこと。

 

そうは言っても、中にはそれに気付くまでに結構時間がかかることも…。

私にとっては大したことではないのに、それが彼にとっては一大事‼、そんなこともたまにあります。

 

最初は冗談かと思っていたけれども、改めて繰り返し同じシチュエーションでトラブルになったら…それは相手にとってはとても重要視していることなんだと、早めに気付くことが大切になってきますよね。誤解を減らすためにも…

 

 

簡単にデザインができる、自分だけのポートフォリオを創ろう

 

 

 

 

私の彼の場合は、"共有"と言うことにおいては、驚くほどに敏感です。

彼の文化の習慣なのか、彼のファミリーの習慣なのか…とにかく、何でも"一緒に分ける"と言うのが彼のモットーです。

 

家で食べる食事や、外の食事はもちろん、買ってきたケーキやフルーツも、なんでもちゃんと二人用に半分分けてくれます。

何かを食べたり飲んだりするのに、自分だけにということは絶対にしない彼。どんな時でも必ず私にもオファーしてきてくれるので嬉しいですよね。

 

と言うことは…、当然私にも同じことをしてくるだろう、というのが彼の認識。

 

"何でも"二人で"シェア”するということに気付くまで、私には結構時間がかかりました(苦笑)。

 

アラフォーシングル生活を続けていると、何でも自分の好きな時に好きなように…と言う自由な生活習慣が身についてしまっているので…(自分でも驚くくらいに。(笑))

 

 

なので、私が適当に冷蔵庫から何か食べて、彼も適当に食べるだろうなんて思っていたら大間違い!一緒にその場にいたら声をかけないと、私が自己中になってしまいます…。

 

彼はとっても家族の絆が強い中で育っているので、きっと彼にとっては“一緒に分ける”ということは当たり前のことなんだと思います。離れて住んでいても家族の存在が身近にあるって、なんだか羨ましいなと思ったり。私も日本の家族とは話しますが、彼の周りに比べたら10分の1くらいじゃないでしょうか??

 

 

 

日本に比べて、アラビック系の文化はもっと家族間のつながりが親密です。だからなのか、一緒にいる私もその感覚で接してくれているようです。価値観の違いって、なかなか付き合って時間をかけてみないと分からないこともたくさんあります。

 

今回の“分ける”と言うことに関しても、これが彼の中では大事なことだったんだ…と気付いてから、トラブルも減ってきたような気がします。

 

 

 

価値観の違い、こればっかりは焦っても縮まらないので、日々のコミュニケーションで一つ一つ向かい合って歩み寄っていくのが一番ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の彼の電話の対応。

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 09:03

テーマ:日記・一般海外生活国際恋愛

 

 

スチームクリームは100%天然のエッセンシャルオイルの香り

 

 

モントリオール、涼しくなってきましたよー!

紅葉も徐々に始まってきたようです☆

 

 

 

 

そんな景色を眺めながら朝一から行っていた仕事から帰ってくると、明日はMidterm Examなのにも関わらず、あまりの眠さにちょっと昼寝のつもりが予定時間を2時間オーバー⁉⁉

 

 

やめてーーーーー。軽く起きた時に無理やり二度寝しなきゃよかった…。

 

そう思って携帯を見ると、相方からのメッセージが。

午後シフトで働いている彼のちょうど休憩時間だったようで、何通かメッセージが届いていました。

 

よし、休憩時間もそろそろ終わるころだし、返事も返してなかったから電話しよう!

 

そう思ってかけたら、

 

 

彼:"What do you want?" -何だよ?

 

私:"Are you still on break?" -まだ休憩中?

 

彼:"Yes, but I need to go in 1 min! What do you want?" -そうだけど、あと一分で行かないと!

 

私:"Ah ok, I just woke up!" -あっそうか、寝てて今起きたよ!

(→ちょっとでも話せたら良いよねーと楽観的☆)

 

彼:"Ok, ok, keep sleeping! Keep sleeping!!" -分かった分かった、寝て寝て!!

(→予想外に淡泊。しかも小声)

 

  Keep Sleeping!?!?

 

私:"Whaaaaat?!" -なんでよー!(→ちょっとショック…)

 

彼:"Ok, I will call you later, Ok? " -Ok,後で電話するから!

 

私:"Okay, go go!" -分かった、仕事戻れ戻れ!(→ちょっと満足。(笑))

 

 

 

休憩時間終わる頃だろうな、とは思ったけど、"Keep sleeping, Keep sleeping!!" って…何でだよ!!

 

いつもなら起きろって言うのに、相当急いで行かなきゃいけなかったようで、寝続けろなんて言うの初めて聞いたわ…。

普段話している50%が冗談の彼。ちょっと本気で冗談余裕ない時の反応が、意外と面白いのです。(笑)

 

 

 

明日が試験じゃなかったらKeep Sleepingしたいところですが、寝すぎてしまったので今夜は長い夜になりそうです…。

 

 

 

*追記:その後仕事が一段落した後に、ちゃんと電話してきてくれました。そして、何で起きてるの?って…明日試験の私に、そんな余裕なんてありません!!昼寝したけど…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際恋愛:宗教の違いで起こった誤解

  • 2018.03.26 Monday
  • 07:31

テーマ:海外生活文化・習慣国際恋愛日記・一般恋愛/結婚海外移住したい!

 

 

 

エイジングケア【透輝の滴】

 

 

 

お久しぶりです!!

更新、かなりサボってました・・・。学校の中休みが終ったと思ったら、今度はTax Returnやプレゼンテーションの準備等が立て続けに入ってきて日々追われて生活をしていました。

 

 

前置きはさておき…

 

 

今回は国際恋愛における宗教上の違いで起こった誤解のお話です。

 

波乱万丈だったラテン系の元彼とお別れして、今はフランス系の彼と恐ろしいくらいに順調な日々を送っています。こんなに心穏やかな恋愛は久しぶりだわ〜☆そう思えるくらいに、とても優しい彼。時々レディーファーストなのか、女慣れしているだけなのか分からない時もありますが…、まぁ私に不快な思いをさせないのだったら良いのかな(笑)。

 

 

さて今回のタイトルに書いた、宗教上の違いで起こった誤解。

 

 

今一緒にいる人は、モロッコ系のフランス人。なので、彼の宗教に対する考え方の半分はイスラム教です。

 

今までそれなりに異なる宗教や文化の人たちと国際恋愛を経験しては来ているのですが、イスラム教の人との恋愛は今回が初めて。異文化や価値観の違いについては特になんのこだわりもないので、男女供に色んなバックグラウンドの友達はいますよ。

 

ただ、恋愛関係となると一緒に生活する時間も徐々に増えて来るので、宗教の違いによる生活習慣は倫理観を知ることはとても大切。その中でも特に食生活!!

その食生活に関して、今回は誤解が原因で喧嘩になってしまいました。

 

 

 

美容専門誌VOCE(ヴォーチェ) &MAQUIA(マキア)でナンバーワンの国産オーガニックコスメ

 

 

 

 

彼が料理好きなので、たいていは彼が料理を作ってくれています。私ももちろん料理しますが、はっきり言って完全自己流です。なので、本当に料理が好きな人からしたら、彼らが作ってくれた方が早いし美味しい・・・。

 

それでも、ちょっとは努力してみたいなと思うのが女心!

肉が大好きな人なので、大抵どこの国の人にも喜ばれるビーフカレーを作ることにしました!!

 

 

メッセージで作り終わったことを彼に告げると、

 

“材料は何!?鶏肉?牛肉?それとも魚?”と。

 

なので、“牛肉!!”と伝えると返ってきた応えは…

 

 

“No Thanks!”

 

 

なんですと?まあ、新しいものに挑戦したくないのかなーと思って、その後彼に直接お裾分けしたのですが、そこでの反応も素っ気無い。

 

“I don't eat.”

 

 

なんですと??きっと美味しいんだろうねと言いつつも、絶対に食べないの分かっているから持って帰って良いよって…。その理由がはっきりしないので、私は “私の料理が食べられないわけ!?” と、態度に正直に出てしまいました。だって寂しいですよね、せっかく作った料理が拒否されたら・・・。

 

 

そうして少し気まずかった日を終え、翌日にようやく彼が理由を話してくれました。

その理由は…

 

 

“イスラム教の習慣に基づいた手順で処理された肉を使っていなかったから。”

 

 

そう、豚肉や精製肉を彼が食べないのは知っていたのですが、肉の処理過程で決まりがあることを私は知りませんでした。市販されている肉のパッケージに「Halal」と記載されている、イスラム教の理念に基づいた手順で処理されたもの、もしくは「Kosher」と呼ばれるユダヤ教の理念に基づいたもの、あとは一番確実なのが、イスラム系かユダヤ系の精肉店で市販されている肉。これ以外の場所で市販されている肉は宗教上の理念に反した手順を踏んでいる為に、彼は食べないようにしているとの事でした。

 

 

そう言われてみると、これまでも2回ほど私が料理をする前に何の材料を使っているか聞いてくれなかったと言って、機嫌を損ねたことがありました。私は特に気にもせず好き嫌い多いなー、としか思っていなかったのですが、彼なりにサインは送ってくれていたのですよね。それに私は一歩踏み込んで気付くことが出来ませんでした。

 

 

まだ知り合ってそんなに経っていないと言うこと、そして宗教上の理念と言うことで、彼も様子を見ていたようです。

 

 

私は無宗教とは言っても、基本の理念は神道や仏教に沿っています。食べ物に感謝する。この考え方は彼の宗教とも近いと思うのですが、それ以外で特に何を食べてはいけない等の決まりはありません。食事に関してはかなり柔軟性のある私。

 

 

なので彼の理由を知った後私が、

 

“じゃあ、今度から肉なしで作るから、自分で好きな肉入れれば良いね。

 

というと彼が、

 

“それか、俺の冷蔵庫にある肉使えば良いよ。もしくは、店教えるから一緒に買いに行けば良いじゃん。”

 

 

“あ、そうだね!”

 

 

一件落着。

 

 

文化が違うからこそ、合わせられる方が合わせたら良い。譲れるものがあるのだったら、無理に自分の習慣を押し付けないで相手に少しだけ合わせれば良い。それを本気で実感した瞬間でした。

 

 

今まで国際恋愛した中でも、この人とはもっとそれを実感することがあるんだろうな、と早くも心の準備をさせられた私。信じるもの、信じないものの概念はすでに違っていることを認識している私達なので、それを除けば異文化国際恋愛も今後良い方向に進んでいけるのかなと思っています。日々勉強です。(笑)

 

 

 

国際恋愛中で特に生活習慣での相違を感じている方、お互いに譲れるところは譲り合って、でも無理はしないようにしていきましょうね☆

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

海外ブログ

潤うコスメ

↓ブログランキング↓

ビジネス英会話【GABA】

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 大学院生活:Exam 準備にお勧めのビデオ(Econ.)
    りりん (11/22)
  • 大学院生活:Exam 準備にお勧めのビデオ(Econ.)
    K (11/21)
  • バンクーバー島一人旅4 : コーテス島(Cortes Island)− Hollyhock 後編
    Changmi (08/02)
  • 国際恋愛:宗教の違いで起こった誤解
    りりん (04/20)
  • 国際恋愛:宗教の違いで起こった誤解
    たいよう (04/18)
  • バンクーバー島一人旅4 : コーテス島(Cortes Island)− Hollyhock 後編
    りりん (02/18)
  • バンクーバー島一人旅4 : コーテス島(Cortes Island)− Hollyhock 後編
    チャンミー (02/14)
  • モントリオールでの学生生活、ついにスタート☆
    りりん (01/15)
  • モントリオールでの学生生活、ついにスタート☆
    ma (01/14)
  • まさか、奇跡の入学許可!?モントリオールで学生に戻ります!
    りりん (12/31)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM