日本式の離乳食の進め方でドクターから指導を受ける…

  • 2020.07.30 Thursday
  • 11:12

 

 

前回、国によって離乳食の進め方が違う事はお伝えしましたが、今回はそれが原因でドクターから注意を受けたお話を少し…。

 

 

コロナの影響で、Bebeの6ヶ月検診がドクターとの電話での確認になっていました。

 

6ヶ月と言うと、こちらでは離乳食を始める時期。

予想通り離乳食についての質問がありました。

 

まず、ドクターから“離乳食始めてる?”と聞かれたので、“始めているよ!”と自信満々答えたところまでは良かったのですが…。

 

 

ドクター "How many times? 2? 3?" (何回あげてる?2回?3回?)

 

私 "Once a day!" (1日1回!)

 

ドクター "Once a day!?!? What did you give? Cereals?" (1日1回!?!?何あげてるの?シリアル?)

 

私 "Started from rice" (ライスから始めてるよ)

 

ドクター "What? Rice!? Why did you give rice!?  You need to give cereals!!!" (何?ライス?何でライスあげてるの!?シリアルあげなきゃダメじゃない!)

 

 私  "Well, we start the baby food with rice in Japan, so... " (えーっと、日本ではライスから始めるから…) 

 

ドクター "No, you shouldn't give rice. I don't know Japan, but here North America, you should start with the baby cereals!! Write down what I'm gonna say!  Blah blah blah..."  (違う、ライスをあげるべきじゃないわ!日本のことは知らないけど、ここ北米ではベイビーシリアルから始めるべきなの!今から言うことをメモして!…)

 

 

あれ、何か怒られた??

 

 

 

「赤ちゃんの快適さ」へのこだわり【コンビミニ】

 

 

 

しかも、最後には "You need  to give him more aggressive!!"  (もっとアグレッシブに食べさせなさい!!)

 

 

・・・・・・・。

 

ちゃんと成長していて、体重だって増えているのになぜにここまで言われなきゃいけないんだ…。

 

しかもドクター、ご飯食べながら話しているから聞きづらい…片手間での定期健診でここまで否定されると、ちょっと複雑なものがあります。。

 

 

とりあえず、日本の離乳食の進め方を参考にして頑張って始めた初の離乳食作りは、ことごとく「不合格」の烙印を押されてしまいました。

 

 

後々友人から聞いた話では、日本の離乳食の進め方は慎重だから、食べる子は良いけどそうでない子はこの時期体重増加が伸び悩んでしまうそうです。

 

 

なにはともあれ、ここまで言われたので次の9ヵ月検診には注意されないようにしよう!と、早速2回食にすることにしました。

 

幸いどんなものでも食べてくれるので、ホッとしています。

 

 

離乳食はもとより、育児に関しても国ごとに違うから紛らわしい!!

 

 

最終的には、子供がすくすく成長していて、毎日笑顔が増えていったらそれで良いんですよね!(と、しておこう!(笑))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマ:日記・一般海外生活出産⇒育児子育て日記離乳食

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アロベビー

コンビ公式オンラインショップ

ポチっとクリックお願いします☆↓↓

おもちゃ通販の専門店

海外子供服通販

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM